AMAZING DAY

早朝

世界が目覚める。

ケニアの草原では、夜間に狩りをするサーバルが、まだ獲物を探して目を光らせている。

南米・ガラパゴス諸島にある火山島には、太陽エネルギーを頼りに生きるウミイグアナが生息している。

生まれたばかりのイグアナの赤ちゃんは、20匹以上のガラパゴスヘビからの脱出劇に挑もうとしている。

午前中

太陽は上り続け、その影響は地球上で感知される。
森林では、大人のジャイアントパンダが竹を食べ、その間、子供は探検に夢中になっている。

アフリカ・ボツワナ。新しい草を求めて歩き始めるシマウマたち。シマウマの子供に始めての試練が訪れた。
川の激流を自力で渡らなければならず、母親はその姿を見守っている。

北極点近海。太陽のパワーが行く手を溶かし始めた海では、イッカクが氷の王国を案内する。

カナダのアルバータ州では、ヒグマが身体を木に擦りつけ、分厚い冬のコートの毛を必死に落としている。
かゆみが治るとホッとする。

日中

赤道直下のアフリカ。太陽の熱は、恐ろしい肉食動物でさえ無気力にし、狩から遠ざける。

暑さの中で唯一勇敢な動物。キリンの若いオスは縄張りとメスを賭けて、
西部劇さながらの決闘に挑む。勝者は1頭だけだ。

気温の上昇も海中では関係ない。子供を連れたマッコウクジラの家族が、水中を滑るように進む。
クジラたちは大きな体を垂直に立てて、午後の眠りについた。

中米・パナマ沖に浮かぶ島。昼寝をしていたピグミーミユビナマケモノが、メスの求愛の声で目を覚ます。
恋人に会いたいナマケモノは川を泳ぎ、ロミオがジュリエットに会うため
塔に上ったように木に登っていく。

昼下がり

南米の南端・フォークランド諸島の東に位置する小さな島、ザボドフスキー島。
ヒゲペンギンの父親は、魚を持って帰るために荒波と格闘する。さらに、父親は3km以上を歩き、
150万羽の中にいる自分の家族を見つけ出さなくてはならない。

南米・エクアドルの熱帯雨林。人間の親指と同サイズのラケットハチドリは、
花の蜜を巡ってミツバチと戦っている。雨粒が爆弾のように両者に降り注いだとき勝敗は決した。

もうひとつの小さく親密な戦いの場は、ヨーロッパの牧草地。
カヤネズミは、植物の茎の先端によじ登り食料の実を探している。
だが、早く目覚めてしまったメンフクロウに攻撃され藪の中に落ちて行く。

夕方

ヨーロッパ・ハンガリーのティサ川。水中から現れると同時に
その短い生涯をスタートさせたモンカゲロウは、壮大な求愛の舞を披露する。

中国南西部。ハクトウラングールは、夜がやって来る前に岩山を越えなくてはならない。
アクション映画さながら、落下の危険を伴う登山だ。

夜

太陽が沈むと別世界が現れる。
南米に生息するヒカリコメツキ。夜行性の彼らは異性を惹きつけるための光を頼りに
相手を探し回るが、発光するキノコをメスの求愛と間違え、キノコの繁殖の手助けすることとなる。

ニュージーランドの洞窟の天井。ヒカリキノコバエの幼虫は、
体から垂れ下がる光るシルクのような糸で、恐ろしい死の罠を仕掛ける。

地上では、人間が電気エネルギーによる光のショーを作り出し、昼夜の関係を変えてしまった。
しかし、子供たちがホタルの光を驚きの表情で見つめるとき、
自然の不思議は日々そこに存在し、人間と自然との繋がりは切っても切れないものであることが明らかになる―

preloader